「吾輩は猫である」

  挿画でつづる漱石の猫 I AM A CAT illustrated
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

横浜のトラ猫さんと姥子問答 [4]

現在から、過去へ。秀明館を含む、姥子温泉界隈の様子を見てみましょう。

現在の、改装されたあとの秀明館入口。


http://homepage3.nifty.com/hotspa/story/storyE1408.htm
よりお借りしました。
改装前の外観および館内の様子は、こちらのサイトに写真があります。
http://www.yumeguri.com/tabi/0051/ubako.html



上は、トラ猫さんからのメールに添付してあった、秀明館パンフの岩風呂写真。ムーディーかつ、秘湯っぽい感じがたまりません。
残念ながら、改装後は入浴不可になったそうです。



漱石の名が登場する、パンフの説明文。ナルホド…。

※訂正
上記のように、

トラ猫さんからのメールに添付してあった、秀明館パンフの岩風呂写真。ムーディーかつ、秘湯っぽい感じがたまりません。
残念ながら、改装後は入浴不可になったそうです。

と、某ブログの記事を見て書いたのですが…
            
“岩風呂はリノベーション後も入浴できます。
名物の岩風呂はすっかり整備され、注連縄も飾られて神々しい雰囲気です ! 改装には相当の費用が掛かったことでしょう、天山に買い取られて良かったです。
前は名物女将が「岩風呂が崩れてきても責任もてないよ」と言ったと、どこかのサイトで見ました。”

と、トラ猫さんから訂正が入りました。さらに、

“パンフの画像はリノベーション前のものを使っていますね。(先代に対するリスペクトかな ?) 野趣があって良い感じです。”

とのことです。                     (J・KOYAMA)
『猫』について about I AM A CAT | permalink | comments(0) | - | - | - |
【前のページ】<< 横浜のトラ猫さんと姥子問答 [3] | 【TOP】 |横浜のトラ猫さんと姥子問答 [5] >>【次のページ】



この記事に対するコメント

コメントする










RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE