「吾輩は猫である」

  挿画でつづる漱石の猫 I AM A CAT illustrated
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

横浜のトラ猫さんと姥子問答 [8]

トラ猫さんからの続々々報です。

図書館に、秀明館について書かれている古いガイドブックがありました。
「上撰の旅12 箱根」(2000 昭文社)

これは、まだ天山に経営が移る前の本来の経営者が、宿泊も受け付けていた頃の記事で、今では貴重な資料になっています。
それによれば…

「秀明館の前身は定かではないが、明治の頃に建てられた」といわれている。

とのことです。やはり明治なのでしょうか ?
古い小さな店にはよくありがちなことで、日々の経営に追われていますから…。

でも、詳しいことがハッキリしないという事こそ、古い小さな店の証。
結論としては、明治〜大正時代のいつかに創業されたのだろう…
という解釈になりますね(笑)。

なんとも面白味のない結論になってしまいました。次回秀明館に行った時は、もっと細かくいろいろなことを見てこようと思います。
猫ブログのお陰で新たな旅の目標ができ、ますます楽しくなってきました。

                                トラ猫

※ 5月28日付でアップした文章を一部、今回JUGEMに移行した機会に、トラ猫さんの要望通り訂正しました。個人的には、あってもいい一文だったと思っております。
                         (9月26日 J・KOYAMA)
『猫』について about I AM A CAT | permalink | - | - | - | - |
【前のページ】<< 横浜のトラ猫さんと姥子問答 [7] | 【TOP】 |横浜のトラ猫さんと姥子問答 [9] >>【次のページ】




RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE