「吾輩は猫である」

  挿画でつづる漱石の猫 I AM A CAT illustrated
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2007年7月10日投稿の、「夏目漱石先生の追憶」 その1 訂正のこと・補追

J・KOYAMAです。

しろねこ師匠より、 写真が届きましたので、改めて貼ります。

この写真の出どころは、ムック本「明治の学舎(まなびや)」(1997 中村哲夫と「サライ」編集部編 小学館)。
写真説明付きで載せました、お読み下さると お判りのように。

こちらでトリミング時に漱石をカコミ間違いしたわけではなく、まず本の編者が漱石の特定を間違えておった、と。
まぁフツー、我々はキャプションを信じますから、ブログ転載時に「(下から) 2列目の左から5人目」を素直にカコんでしまったというコトですね…。

ただ、よく見りゃ明らかに違う。

「明治の学舎」で漱石とされていた左の人。
ヒゲはともかく、ちょっと…。
やはりコメントして頂いた方の仰るとおり、右が漱石ですね。

中村哲夫さん (1931年生まれのグラフィック・デザイナー、日本建築学会会員) か「サライ」編集者の方、このブログを見ておられましたら。
17年前の本ですけど、もしかしての再版の際は、訂正よろしくお願いします。

一件落着なり。
漱石雑文 SOUSEKI'S ESSAY | permalink | comments(0) | - | - | - |
【前のページ】<< 「猫」年賀 2014 | 【TOP】 |「猫」年賀 2015 >>【次のページ】



この記事に対するコメント

コメントする










RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE