「吾輩は猫である」

  挿画でつづる漱石の猫 I AM A CAT illustrated
<< March 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

【第一章 トリビア】

■『猫』は当初、第一章のみの読み切りのハズだった。
それをふまえたうえで読むと、第一章だけでキレイにまとまって、こぢんまりと締めてあるのがわかります。
■漱石が提案した最初のタイトルは『猫伝』だった。
■第一章には高浜虚子の添削が入っているので、以降の章とは多少文章の雰囲気が違う。


ホトトギス


以下、証拠となる関係者の証言&著述。
「文学談」夏目漱石 / 明治39年9月 『文芸界』座談

 『猫』ですか、あれは最初は何もあのように長く続けて書こうという考えもなし、腹案などもありませんでしたから無論一回だけで仕舞うつもり。また斯くまで世間の評判を受けようとは少しも思って居りませんでした。最初虚子君から「何か書いてくれ」と頼まれまして、あれを一回書いてやりました。丁度その頃文章会というものがあって、『猫』の原稿をその会へ出しますと、それをその席で寒川鼠骨君が朗読したそうですが、多分朗読の仕方でも旨かったのでしょう、甚くその席で喝采を博したそうです。それでいよいよ『ホトトギス』に出して見ると、一回には世間の反響は無論なかったのです。ただ小山内薫君が『七人』で新手(あらて)の読物だとか云ってほめてくれたのを記憶しています。虚子君の方では雑誌の埋草(うめぐさ)にもなるからというのでしょう、「ぜひ後を書け書け」とせがまれまして十回十一回とこう長くなりました。しかしもうそうそう引延ばしても世間があきるのみならず第一自分があきるからこの度でしまいにしました。勿論腹案もなかったことですから、どう完結を付けたらいいか分かりません。しかしどうにかしなければならんから、あの通りいい加減なところで御免をこうむりました。

『俳句の五十年』高浜虚子

 ある時私は漱石が文章でも書いて見たならば気が紛れるだろうと思いまして、文章を書いて見ることを勧めました。私は別に気にも留めずにおったのでありまして、果して出来るか、出来んかも分らんと考えておったのでありました。ところが、その日になって立寄ってみますと、非常に長い文章が出来ておりまして、頗(すこぶ)る機嫌が良くって、ぜひこれを一つ自分の前で読んでみてくれろという話でありました。文章会は時間が定まっておりまして、その時間際に漱石の所に立寄ったのでありましたが、そういわれるものですから止むを得ず私はその文章を読んでみました。ところがなかなか面白い文章であって、私等仲間の文章とすると、分量も多くそれに頗る異色のある文章でありましたから、これは面白いから、早速今日の文章会に持出して読んでみるからといって、それを携えて文章会に臨みました。私がその漱石の家で読んだ時分に、題はまだ定めてありませんでして、「猫伝」としようかという話があったのでありますが、「猫伝」というよりも、文章の初めが「吾輩は猫である。名前はまだない」という書き出しでありますから、その「吾輩は猫である」という冒頭の一句をそのまま表題にして「吾輩は猫である」という事にしたらどうかというと、漱石は、それでも結構だ、名前はどうでもいいからして、私に勝手につけてくれろ、という話でありました。それでその原稿を持って帰って、「ホトトギス」に載せます時分に、「吾輩は猫である」という表題を私が自分で書き入れまして、それを活版所に廻したのでありました。
 それからその時分は、誰の文章でも一応私が眼を通して、多少添削するという習慣でありましたからして、この『吾輩は猫である』という文章も更に読み返してみまして、無駄だと思われる箇所の文句はそれを削ったのでありました。そうしてそれを三十八年の一月号に発表しますというと、大変な反響を起しまして、非常な評判になりました。それというのも、大学の先生である夏目漱石なる者が小説を書いたという事で、その時分は大学の先生というものは、いわゆる象牙の塔に籠もっていて、なかなか小説などは書くものではないという考えがあったのでありますが、それが小説を書いたというので、著しく世人の眼を欹(そばだ)たしめたものでありました。そればかりではなく、大変世間にある文章とは類を異にしたところからして、非常な評判となったのでありました。
 それで、漱石は、ただ私が初めて文章を書いてみてはどうかと勧めた為に書いたという事が、動機となりまして、それから漱石の生活が一転化し、気分も一転化するというような傾きになってきたのでありました。それと同時に『倫敦塔』という文章も書きまして「帝国文学」の誌上に発表しました。
 それから『吾輩は猫である』が、大変好評を博したものですから、それは一年と八ヶ月続きまして、続々と続篇を書く、而(しか)もその続篇は、この第一篇よりも遙かに長いものを書いて、「ホトトギス」は殆(ほとん)どその『吾輩は猫である』の続篇で埋ってしまうというような勢いになりました。それが為に「ホトトギス」もぐんぐんと毎号部数が増して行くというような勢いでありました。


※虚子のエッセイ「漱石氏と私」だと、漱石はタイトル案として“猫伝”と“吾輩は猫である”の二つを持っていて迷っており、虚子が“吾輩”に賛成してタイトルが決まったことになっている(「講座夏目漱石 第一巻」1981 有斐閣)。
幾多のバリエーションを生んだ名タイトル決定の真相は藪の中。100年あまり前、1904年のお話です。(J・KOYAMA)
『猫』について about I AM A CAT | permalink | comments(0) | - | - | - |
【前のページ】<< 千駄木漱石邸見取り図[2] | 【TOP】 |《第二》 鼻が高い >>【次のページ】



この記事に対するコメント

コメントする










RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE