「吾輩は猫である」

  挿画でつづる漱石の猫 I AM A CAT illustrated
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

千駄木漱石邸見取り図[2]

こっちはご近所の様子も分かる見取り図です。
ご存じのように、作中の主人の家は千駄木邸を忠実に再現しているものの、厳密な意味で“リアル”ではありません。例えば書斎は実際には八畳ですが、作中では六畳になっていたりします。実際の家をちょこっとスケールダウンしたといえば分かりやすいでしょうか?

新潮日本文学アルバム2 夏目漱石 (1983 新潮社)より

『猫』について about I AM A CAT | permalink | comments(0) | - | - | - |
【前のページ】<< 千駄木漱石邸見取り図[1] | 【TOP】 |【第一章 トリビア】 >>【次のページ】



この記事に対するコメント

コメントする










RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE