「吾輩は猫である」

  挿画でつづる漱石の猫 I AM A CAT illustrated
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

《第二》 胃弱には晩酌


画/丹羽和子 


 神田の某亭で晩餐を食う。久しぶりで正宗
(日本酒)を二、三杯飲んだら、今朝は胃の具合が大変いい。胃弱には晩酌が一番だと思う。タカヂアスターゼはむろんいかん。誰がなんと言っても駄目だ。どうしたって利かないものは利かないのだ。


 むやみにタカヂアスターゼを攻撃する。ひとりで喧嘩をしているようだ。今朝の肝癪がちょっとここへ尾を出す。人間の日記の本色はこういうへんに存するのかもしれない。



第二章 CHAP.2 | permalink | comments(0) | - | - | - |
【前のページ】<< 《第二》 悉く真正の日記 | 【TOP】 |《第二》 カーライルも胃弱 >>【次のページ】



この記事に対するコメント

コメントする










RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE