「吾輩は猫である」

  挿画でつづる漱石の猫 I AM A CAT illustrated
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

《第二》 カーライルも胃弱

 


 せんだって○○は朝飯を廃すると胃がよくなると言うたから、二、三日朝飯をやめてみたが、腹がぐうぐう鳴るばかりで功能はない。
 △△はぜひ香の物
(漬け物)を断てと忠告した。彼の説によると、すべて胃病の原因は漬け物にある。漬け物さえ断てば胃病の源を涸(か)らす訳だから本復は疑いなしという論法であった。それから一週間ばかり香の物に箸を触れなかったが別段の効能もなかったから近頃はまた食い出した。
 ××に聞くと、それは按腹
(あんぷく)揉み療治に限る。ただし普通のではゆかぬ。皆川流という古流な揉み方で一、二度やらせればたいていの胃病は根治できる。安井息軒(やすいそっけん)も大変この按摩術(あんまじゅつ)を愛していた。坂本竜馬のような豪傑でも時々は治療をうけたというから、早速、上根岸まで出掛けて揉ましてみた。ところが骨を揉まなければなおらぬとか、臓腑の位置を一度、転倒しなければ根治がしにくいとか言って、それはそれは残酷な揉み方をやる。後で身体が綿のようになって昏睡病にかかったような心持ちがしたので、一度で閉口してやめにした。
 A君はぜひ固形体を食うなと言う。それから、一日牛乳ばかり飲んで暮らしてみたが、この時は腸の中でどぼりどぼりと音がして大水でも出たように思われて終夜眠れなかった。
 B氏は横膈膜で呼吸して内臓を運動させれば自然と胃の働きが健全になる訳だから試しにやってごらんと言う。これも多少やったがなんとなく腹中が不安で困る。それに時々思い出したように一心不乱にかかりはするものの、五、六分立つと忘れてしまう。忘れまいとすると横膈膜が気になって本を読む事も文章をかく事もできぬ。美学者の迷亭がこの体
(てい)を見て、産気のついた男じゃあるまいしよすがいいと冷やかしたから、この頃はよしてしまった。
 C先生は蕎麦
(ソバ)を食ったらよかろうと言うから、早速かけもりをかわるがわる食ったが、これは腹が下るばかりでなんらの功能もなかった。
 余は、年来の胃弱を治すためにできうる限りの方法を講じてみたがすべて駄目である。ただゆうべ、寒月と傾けた三杯の正宗はたしかに利き目がある。これからは毎晩二、三杯ずつ飲む事にしよう。


 これも決して長く続く事はあるまい。主人の心は吾輩の目玉のように間断なく変化している。なにをやっても長持ちのしない男である。その上、日記の上で胃病をこんなに心配しているくせに、表向きはおおいに痩せ我慢をするからおかしい。せんだってその友人で某という学者が尋ねて来て、一種の見地から、すべての病気は父祖の罪悪と自己の罪悪の結果にほかならないという議論をした。だいぶ研究したものとみえて、条理が明晰で秩序が整然として立派な説であった。気の毒ながらうちの主人などはとうていこれを反駁(はんばく)するほどの頭脳も学問もないのである。しかし自分が胃病で苦しんでいる際だから、なんとかかんとか弁解をして自己の面目を保とうと思ったものとみえて、「君の説は面白いが、あのカーライルは胃弱だったぜ」と、あたかもカーライルが胃弱だから自分の胃弱も名誉であるといったような見当違いの挨拶をした。すると友人は「カーライルが胃弱だって、胃弱の病人が必ずカーライルにはなれないさ」と、きめつけたので主人は黙然としていた。
 かくのごとく虚栄心に富んでいるものの、実際はやはり胃弱でない方がいいとみえて、今夜から晩酌を始めるなどというのはちょっと滑稽だ。考えてみると今朝雑煮をあんなにたくさん食ったのも、ゆうべ寒月君と正宗をひっくり返した影響かもしれない。吾輩もちょっと雑煮が食ってみたくなった。


「カーライル」
Tohmas Carlyle(1795年12月4日 - 1881年2月5日)
イギリスの評論家、歴史家。


※第一章の美学者が迷亭という名だということはこの日記で初めて知れる。(J・KOYAMA)

第二章 CHAP.2 | permalink | comments(0) | - | - | - |
【前のページ】<< 《第二》 胃弱には晩酌 | 【TOP】 |《第二》 バルザック >>【次のページ】



この記事に対するコメント

コメントする










RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE