「吾輩は猫である」

  挿画でつづる漱石の猫 I AM A CAT illustrated
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

《第三》 寂寞の感


画/寺田寅彦

 三毛子は死ぬ。黒は相手にならず、いささか寂寞(せきばく)の感はあるが、幸い人間に知己ができたのでさほど退屈とも思わぬ。せんだっては主人のもとへ、吾輩の写真を送ってくれと手紙で依頼した男がある。この間は、岡山の名産吉備団子(きびだんご)をわざわざ吾輩の名宛てで届けてくれた人がある。だんだん人間から同情を寄せらるるに従って、己が猫である事はようやく忘却してくる。猫よりはいつの間にか人間の方へ接近してきたような心持ちになって、同族を糾合(きゅうごう/ある目的のもとに人々を寄せ集め、まとめること)して、二本足の先生と雌雄を決しようなどという了見は、昨今のところ毛頭ない。それのみか、折々は吾輩もまた人間世界の一人だと思う折さえあるくらいに進化したのはたのもしい。あえて同族を軽蔑する次第ではない。ただ性情の近きところに向かって一身の安きを置くは勢いのしからしむるところで、これを変心とか、軽薄とか、裏切りとか評せられてはちと迷惑する。かような言語を弄(ろう)して人を罵詈(ばり)するものに限って融通の利かぬ貧乏性の男が多いようだ。
 こう猫の習癖を脱化してみると、三毛子や黒の事ばかり荷厄介にしている訳にはいかん。やはり人間同等の気位で彼らの思想、言行を評隲(ひょうしつ/批評)したくなる。これも無理はあるまい。ただそのくらいな見識を有している吾輩を、やはり一般猫児(びょうじ)の毛の生えたものくらいに思って、主人が吾輩に一言の挨拶もなく、吉備団子をわが物顔に食い尽くしたのは残念の次第である。写真もまだ撮って送らぬようすだ。これも不平といえば不平だが、主人は主人、吾輩は吾輩で、相互の見解が自然異なるのはいたしかたもあるまい。吾輩はどこまでも人間になりすましているのだから、交際をせぬ猫の動作は、どうしてもちょいと筆にのぼりにくい。迷亭、寒月諸先生の評判だけでごめんこうむる事にいたそう。



第三章 CHAP.3 | permalink | comments(0) | - | - | - |
【前のページ】<< 《第二》 終 | 【TOP】 |《第三》 筆太に >>【次のページ】



この記事に対するコメント

コメントする










RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE