「吾輩は猫である」

  挿画でつづる漱石の猫 I AM A CAT illustrated
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

《第五》 終



※第五章は雑誌「ホトトギス」第八巻第十号(明治38年7月1日 ほとゝぎす発行所)に掲載された。タイトル・署名は「吾輩は猫である(五) 夏目漱石」。
なお日本海海戦は明治38年5月27・28日の出来事であり、本作が時事ネタにいかに敏感であったかが解る。

これまでの連載分、第一章から五章迄は纏められ、「吾輩ハ猫デアル」として大倉書店・服部書店より明治38年10月6日に刊行。初版が二十日で売り切れるベストセラーとなった。
橋口五葉(清)の装幀、中村不折の挿画も評判を取ったが、その後漱石は中村が“無暗に法螺を吹くから近来絵を頼むのがいやになりました”という心境に至り、続く中編・下編の挿画は木魚=浅井忠に交代している。(J・KOYAMA)
第五章 CHAP.5 | permalink | comments(0) | - | - | - |
【前のページ】<< 《第五》 吾輩と鼠12 | 【TOP】 |「吾輩ハ猫デアル」上篇 自序 >>【次のページ】



この記事に対するコメント

コメントする










RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE