「吾輩は猫である」

  挿画でつづる漱石の猫 I AM A CAT illustrated
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

《第六》 ハーキュリスの牛



「しかし土用中あんなに涼しくって、今頃から暑くなるのは不思議ですね」
「ほんとでございますよ。せんだってじゅうは単衣(ひとえ)では寒いくらいでございましたのに、一昨日から急に暑くなりましてね」
「カニなら横に這うところだが今年の気候はあとびさりをするんですよ。倒行(とうこう)して逆施(げきし)す(順序を逆に行うこと)また可ならずやと言うような事を言っているかもしれない」
「なんでござんす、それは」
「いえ、なんでもないのです。どうもこの気候の逆戻りをするところはまるでハーキュリス(ヘラクレス)の牛ですよ」と図に乗っていよいよ変ちきりんな事を言うと、果たせるかな細君はわからない。しかし最前の『倒行して逆施す』で少々懲(こ)りているから、今度はただ「へえー」と言ったのみで問い返さなかった。これを問い返されないと迷亭はせっかく持ち出した甲斐(かい)がない。「奥さん、ハーキュリスの牛をご存じですか」
「そんな牛は存じませんわ」


「倒行して逆施す」
【史記】『伍子胥伝』
「吾れ日暮れて途遠し、吾れ故に倒行してこれを逆施す」

ハーキュリス
ヘラクレス Herakles (英/Hercules)
ギリシア神話の英雄。ゼウスとアルクメネの子。半神半人。武勇に秀で、様々な冒険譚がある。



第六章 CHAP.6 | permalink | comments(0) | - | - | - |
【前のページ】<< 《第六》 玉子のフライ | 【TOP】 |《第六》 ハーキュリスの牛2 >>【次のページ】



この記事に対するコメント

コメントする










RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE