「吾輩は猫である」

  挿画でつづる漱石の猫 I AM A CAT illustrated
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

《第七》 吾輩と運動


画/北川健次

 吾輩は近頃運動を始めた。猫のくせに運動なんてきいた風だと一概に冷罵(れいば)し去る手合いにちょっと申し聞けるが、そういう人間だってつい近年までは運動の何ものたるを解せずに、食って寝るのを天職のように心得ていたではないか。無事是貴人(ぶじこれきにん/静かで落ち着いた境地に安らいでいる人こそ高貴な人である)とか称えて、懐手(ふところで)をして座布団から腐れかかった尻を離さざるをもって、『旦那の名誉』と、やにさがって暮らしたのは覚えているはずだ。
 運動をしろの、牛乳を飲めの、冷水を浴びろの、海の中へ飛びこめの、夏になったら山の中へこもって当分霞(かすみ)を食らえのと、くだらぬ注文を連発するようになったのは、西洋から神国へ伝染した最近の病気で、やはりペスト、肺病、神経衰弱の一族と心得ていいくらいだ。


「無事是貴人」
禅語。人為の入りこみようのない、静かで落ち着いた境地に安らいでいる人こそ高貴な人である。
【臨済録】『示衆』三に「無事是れ貴人、但だ造作すること莫かれ、祇だ是れ平常なれ」とある。



第七章 CHAP.7 | permalink | comments(0) | - | - | - |
【前のページ】<< 《第六》 終 | 【TOP】 |《第七》 吾輩と運動2 >>【次のページ】



この記事に対するコメント

コメントする










RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE