「吾輩は猫である」

  挿画でつづる漱石の猫 I AM A CAT illustrated
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

《第七》 吾輩と運動7


画/竹久夢二

 だから運動を悪く言った連中が急に運動がしたくなって、女までがラケットを持って往来を歩きまわったっていっこう不思議はない。ただ猫が運動するのをきいた風だなどと笑いさえしなければよい。




第七章 CHAP.7 | permalink | comments(0) | - | - | - |
【前のページ】<< 《第七》 吾輩と運動6 | 【TOP】 |《第七》 吾輩と運動8 >>【次のページ】



この記事に対するコメント

コメントする










RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE