「吾輩は猫である」

  挿画でつづる漱石の猫 I AM A CAT illustrated
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

《第七》 吾輩と運動9



 台所の廂(ひさし)から屋根に飛び上がる方。
 屋根のてっぺんにある梅花形の瓦の上に四本足で立つ術。
 物干し竿を渡る事。――これはとうてい成功しない。竹がつるつるすべって爪が立たない。
 後ろから不意に子供に飛びつく事。――これはすこぶる興味のある運動のひとつだが、めったにやるとひどい目に逢うから、たかだか月に三度くらいしか試みない。
 紙袋を頭へかぶせらるる事。――これは苦しいばかりで、はなはだ興味のとぼしい方法である。ことに人間の相手がおらんと成功しないから駄目。



第七章 CHAP.7 | permalink | comments(0) | - | - | - |
【前のページ】<< 《第七》 吾輩と運動8 | 【TOP】 |《第七》 吾輩と運動10 >>【次のページ】



この記事に対するコメント

コメントする










RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE