「吾輩は猫である」

  挿画でつづる漱石の猫 I AM A CAT illustrated
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

《第十》 掃除は無意義


映画(1975) より

 やがてぱたぱた書斎中を叩き散らす音がするのは、例によって例のごとき掃除を始めたのである。いったい掃除の目的は運動のためか遊戯のためか、掃除の役目を帯びぬ吾輩の関知するところでないから知らん顔をしていればさしつかえないようなものの、ここの細君の掃除法のごときに至っては、すこぶる無意義のものと言わざるを得ない。なにが無意義であるかというと、この細君は単に掃除のために掃除をしているからである。


第十章 CHAP.10 | permalink | comments(0) | - | - | - |
【前のページ】<< 《第十》 もう七時ですよ | 【TOP】 |《第十》 掃除は無意義2 >>【次のページ】



この記事に対するコメント

コメントする










RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE