「吾輩は猫である」

  挿画でつづる漱石の猫 I AM A CAT illustrated
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

また旅に出るのである

ようやく最終章に至り、ゴールが見えたのも束の間。余はまた旅に出ることになった。誠に相済まん。暫く留守にして中断する間はしろねこ師匠が何かつないでくれるであろうから、チェンマイの地で読ませていただく事とする。
「猫」はいよいよ佳境、戻ってきてのち8月完結を目指し頑張る所存である。見て下さる皆々様には今後も閲覧方よろしくお願いする次第です。
進行案内 PROGRESS GUIDE | permalink | comments(0) | - | - | - |
【前のページ】<< 《第拾一》 田舎で裸足で | 【TOP】 |「正岡子規」 >>【次のページ】



この記事に対するコメント

コメントする










RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE