「吾輩は猫である」

  挿画でつづる漱石の猫 I AM A CAT illustrated
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

《エピローグ 猫の墓》

 あなたちょっと来てください、猫が・・・。





 明治39年(1906)冬、東京市




 本郷区駒込千駄木町五十七番地











エピローグ EPILOGUE | permalink | comments(0) | - | - | - |
【前のページ】<< 「吾輩ハ猫デアル」下篇 自序 | 【TOP】 |吾輩のガラについて >>【次のページ】



この記事に対するコメント

コメントする










RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE