「吾輩は猫である」

  挿画でつづる漱石の猫 I AM A CAT illustrated
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

映画『吾輩は猫である』 (1936)



「猫」の最初の映画化であるが、大期待して観るとちょっとガッカリ。90分弱では多くのエピソードは盛り込めないし、猫のモノローグは無く人間ドラマのかたわらに吾輩が居るだけという印象。それ以前に吾輩の登場場面が少ないのだ。
日露戦争当時の世相が第一次世界大戦当時 (青島攻撃などが新聞記事で示される) に置き換わり、独仙も三毛子も黒も登場しないなど原作を“読んでから観る”派は辛かろう。
ただ、戦前に撮られているので風景描写などに味がある。この空気感は戦後作品では出せないものだ。このブログでも多くの写真を使用させていただきました。
監督の山本は戦前派の巨匠だが、戦後はプログラムピクチュアが多くこんにちでは“黒澤明の師”と言うほうが通りがいいかも知れない。
・・・この映画の珍野家はセットなんですよね? ホンモノの千駄木邸でロケされたんじゃないよね ?

製作 = P.C.L.映画製作所 (東宝の前身) 
1936.4.14 (昭和11年、東京・日本劇場での公開日)
10巻 2,393m 87分 白黒
----------------------------------------------------------
監督 (演出と表記) ...山本嘉次郎
脚本 ................小林勝
原作 ................夏目漱石
撮影 ................唐沢弘光
音楽 ................紙恭輔
美術 ................久保一雄
録音 ................道源勇二

配役

丸山定夫 (主人、珍野苦沙弥)   (吾輩)
丸山はこの作品の前年、山本監督の『坊つちゃん』で山嵐を演じている。“桜隊 (さくら隊)”を率いて演劇慰問活動中、広島で被爆し終戦の翌日に亡くなった。


英百合子 (細君)           千葉早智子 (雪江)


(珍野家の子女)         (おさん = 清)
この映画の珍野家子女は三姉妹でなく二人だけのようだ。


徳川夢声 (迷亭)
夢声は弁士、文筆家、俳優など多くの顔を持つマルチタレントとして今も人気が高い。
藤原釜足 (越智東風)     北沢彪 (水島寒月)
藤原は後に黒澤映画の常連となるなど名脇役として知られる。


清川玉枝 (金田鼻子)  (金田氏)      (金田富子)
鼻子役の清川は付け鼻で熱演。この役で好評を博したという。


宇留木浩 (多々良三平)      (鈴木藤十郎)


清川虹子 (車屋のかみさん)   柳谷寛 (古井武右衛門)

※多くの役者名が不詳です。ご存じの方、どうかご協力下さい。
参考 日本映画データベース http://www.jmdb.ne.jp/1936/bl001440.htm
ウィキペディア http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%BE%E8%BC%A9%E3%81%AF%E7%8C%AB%E3%81%A7%E3%81%82%E3%82%8B

※※2008年5月29日付でアップした、ミモザ様からのメールによって大半のキャストが判明しております。
なお、この場で誤記があるものは、あえて直しておりません。つき合わせてご利用下さい。
なお、おさん役の味のある女優さんの名は不明です。引き続き情報お待ちします。
                       (2010年9月26日 J・KOYAMA)
『猫』について about I AM A CAT | permalink | comments(2) | - | - | - |
【前のページ】<< 「猫」ブログ本編終了に寄せて | 【TOP】 |映画『吾輩は猫である』 (1975) >>【次のページ】



この記事に対するコメント


 おさん役は「林喜美子」です。
 たくさんの映画に出ています。
 例えば「花つみ日記」や「夜の鳩」です。
駿河台 | 2017/12/13 5:08 PM
駿河台様、はじめまして。ご教示ありがとうございます。
林喜美子という女優なんですね。個性的な容貌、でも全く知りませんでした。

ネットの東宝資料室を閲覧しましたら、エンタツアチャコの『これは失礼』(1936)から『三十三間堂通し矢物語』(1945)まで40本以上の出演作が分かりました。
でも、この『猫』(1936)はノンクレジットなので、載っていません。
東宝を退社し松竹に移ったか、戦後は溝口の『夜の女たち』(1948)に娼婦役で出ています。
jmdbでは1931年からの出演作が確認でき、最後の映画は京都映画=松竹の『酔いどれ牡丹』前後編(1956)で乳母役のようです。

また何かお気付きの点ありましたら、コメントよろしくお願いします。
J・KOYAMA | 2017/12/17 1:44 PM
コメントする










RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE