「吾輩は猫である」

  挿画でつづる漱石の猫 I AM A CAT illustrated
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

猫の家[3]

住んでいたのは英国留学から戻ったばかりの英文学者・夏目金之助、のちの文豪夏目漱石(1867-1916)である。
お札だけじゃなく、わが国じゃ食玩にもなっておる(笑)。
『猫』について about I AM A CAT | permalink | comments(0) | - | - | - |
【前のページ】<< 猫の家[2] | 【TOP】 |猫の家[4] >>【次のページ】



この記事に対するコメント

コメントする










RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE