「吾輩は猫である」

  挿画でつづる漱石の猫 I AM A CAT illustrated
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

《第一》 兄弟たち


画/高橋由一 「猫図」

 なんでも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここではじめて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生(しょせい)という、人間中で一番獰悪(どうあく)な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕まえて煮て食うという話である。しかしその当時はなんという考もなかったから別段恐ろしいとも思わなかった。ただ彼のてのひらに載せられてスーッと持ち上げられた時、なんだかフワフワした感じがあったばかりである。てのひらの上で少し落ちついて書生の顔を見たのがいわゆる人間というものの見はじめであろう。この時、妙なものだと思った感じが今でも残っている。第一、毛をもって装飾されるべきはずの顔がつるつるしてまるでヤカンだ。その後、猫にもだいぶ逢ったが、こんな片輪(かたわ)には一度も出くわした事がない。のみならず顔の真ん中があまりに突起している。そうしてその穴の中から時々ぷうぷうと煙を吹く。どうもむせっぽくて実に弱った。これが人間の飲む煙草というものである事はようやくこの頃知った。
 この書生のてのひらのうちで、しばらくはよい心持ちに座っておったが、しばらくすると非常な速力で運転しはじめた。書生が動くのか自分だけが動くのかわからないがむやみに目がまわる。胸が悪くなる。とうてい助からないと思っていると、どさりと音がして目から火が出た。それまでは記憶しているがあとはなんの事やらいくら考え出そうとしてもわからない。

 ふと気がついてみると書生はいない。たくさんおった兄弟が一匹も見えぬ。肝心の母親さえ姿を隠してしまった。その上、今までの所とは違ってむやみに明るい。目を開いていられぬくらいだ。はてな、なんでも様子がおかしいと、のそのそ這い出してみると非常に痛い。
 吾輩は藁(わら)の上から急に笹原の中へ棄てられたのである。


「書生」
本来は、本を読む人、学生の意。明治時代に入って、住みこみで家事を手伝いながら学ぶ青年の意味に転じた。ここでは後者。



第一章 CHAP.1 | permalink | - | - | - | - |
【前のページ】<< 《第一》 吾輩は | 【TOP】 |《第一》 池 >>【次のページ】




RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE