「吾輩は猫である」

  挿画でつづる漱石の猫 I AM A CAT illustrated
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

《第一》 池


猫がたどり着いた池は千駄木邸の近くにあった大田の池だという。今は埋められてないのは分かるが、前掲した大正時代の地図にもない。何処にあったのか?
画/石井柏亭 「廃園」


 ようやくの思いで笹原を這い出すと、向こうに大きな池がある。


第一章 CHAP.1 | permalink | - | - | - | - |
【前のページ】<< 《第一》 兄弟たち | 【TOP】 |《第一》 池のそばで >>【次のページ】




RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE