「吾輩は猫である」

  挿画でつづる漱石の猫 I AM A CAT illustrated
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

参考文献

■図版

◆「ホトトギス」明治38年2月号 八巻五号(1905)
  画・橋口五葉


◆「吾輩ハ猫デアル」
  上巻 明治38年(1905)
  画・中村不折

  中巻 明治39年(1906)
  画・浅井忠

  下巻 明治40年(1907)
  画・浅井忠

  装幀はすべて橋口五葉 
  大倉書店・服部書店 
  昭和45年(1970)ほるぷ社復刻版を使用


◆「漫画 吾輩は猫である」 大正8年(1919)
  画・近藤浩一路 新潮社
 

◆「吾輩は猫である」

  ポプラ社アイドル・ブックス版 昭和42年(1967)
  画・岩崎年勝

  ポプラ社世界の名著版 昭和44年(1969)
  画・下高原千歳
   
  新学社文庫版 昭和47年(1972)
  画・柳井愛子
 
  ポプラ社文庫版 昭和55年(1980)
  画・下高原千歳 吉崎正巳 

  学研 明治の古典9 昭和56年(1981)
  画・佐野洋子他図版使用
 
  講談社青い鳥文庫版 昭和60年(1985)
  画・村上豊

  フォア文庫[金の星社]版 昭和63年(1988)
  画・小沢良吉  

  偕成社文庫版 平成8年(1996)
  画・司 修

  中日新聞連載 平成17〜18年(2005〜'06)
  画・丹羽和子


ほかに、
◆「小学作法書」
  大正2年 (1912) 同文館
   
◆ 映画「吾輩は猫である」
  昭和11年(1936)
  P.C.L. 山本嘉次郎監督

◆「寺田寅彦随筆集」第1、2巻 小宮豊隆編
  昭和22年(1947)岩波文庫
  平成8年 (1996)第79刷を使用

◆「漱石遺墨集」
  昭和29年 (1954) 創藝社

◆「日本の文学 夏目漱石(1)」
  昭和39年(1964)中央公論社

◆「ねこ その歴史・習性・人間との関係」 木村喜久弥
  昭和41年(1966)法政大学出版局
  ※猫トリビア本

◆「略画辞典 改訂再版」
  昭和42年(1967)野ばら社

◆ 映画「日本海大海戦」
  昭和44年(1969)
  東宝 丸山誠治監督

◆「スケッチ辞典 2版」
  昭和45年(1970)野ばら社

◆ 映画「吾輩は猫である」
  昭和50年(1975)
  東宝 市川崑監督

◆「別冊一億人の昭和史 昭和マンガ史」
  昭和52年(1977)毎日新聞社

◆「別冊太陽 夏目漱石」 
  昭和55年(1980)平凡社

◆「講座 夏目漱石 第一巻」
  三好行雄 平岡敏夫 平川祐弘 江藤淳編
  昭和56年(1981)有斐閣

◆「新潮日本文学アルバム2 夏目漱石」
  昭和58年(1983)新潮社

◆「おき去りにされた猫」キャロル・アドラー作 足沢良子訳
  画・北川健次 昭和60年(1985) 金の星社
  ※網かけで描かれた猫の挿画が素晴らしいです!
   漱石とは関係ない本ですが図版を使用しました。

◆「坊っちゃんの時代」 関川夏央
  画・谷口ジロー 昭和62年(1987)双葉社

◆「小説世界のロビンソン」 小林信彦
  平成元年(1989)新潮社
  ※自伝的読書案内。「猫」は4章費やして“再発見”。

◆「総天然色写真版なつかしき東京」 石黒敬章編
  平成4年(1992)講談社
  ※古い絵はがきなどのコレクションで構成された
   懐かし東京風景集。

◆「江戸商売図絵」 三谷一馬
  平成7年(1995)中公文庫
  原本は昭和38年(1963)に青蛙房より刊行

◆「漱石のロンドン風景」 出口保夫 A・ワット編
  平成7年(1995)中公文庫
  原本は昭和60年(1985)に研究社出版より刊行

◆「柿の種」 寺田寅彦
  平成8年(1996)岩波文庫

◆「明治はいから文明史」 横田順彌
  平成9年(1997)講談社

◆「明治ワンダー科学館」 横田順彌
  平成9年(1997)ジャストシステム

◆「戦時広告図鑑」 町田忍
  平成9年(1997)WAVE出版

◆「漱石の東京」 武田勝彦
  平成9年(1997) 早稲田大学出版部

◆「吾輩は猫である」の謎 長山靖生
  平成10年(1998)文藝春秋

◆「雑本展覧会」 横田順彌
  平成12年(2000)日本経済新聞社

◆「明治がらくた博覧会」 林丈二
  平成12年(2000)晶文社

◆「寺田寅彦は忘れた頃にやって来る」 松本哉(はじめ)
  平成14年(2002)集英社新書

◆「日本エロ写真史」 下川耿史
  平成15年(2003)ちくま文庫 
  原本は平成7年(1995)に青弓社より刊行

◆「懐かし新聞広告批評」 町田忍
  平成16年(2004)扶桑社

◆「明治東京庶民の楽しみ」 青木宏一郎
  平成16年(2004)中央公論新社

◆「笑う雑学」 唐沢俊一
  平成16年(2004)廣済堂文庫 
  原本は平成11年(1999)に大和書房より刊行
  ※漱石文学とオカルトについてのエッセイ収録。

◆「サライ」 夏目漱石特集
  平成17年(2005)6月2日号 小学館

◆「カネが邪魔でしょうがない」 紀田順一郎
  平成17年(2005)新潮選書

などから図版・画像・文章を使用または引用させていただきました。(但し一部改訂している場合があります)





■本文注釈 (by しろねこ)

◆「日本の文学12 夏目漱石(一)」
  昭和40年7月20日6版発行
 (昭和39年12月5日初版発行)
   中央公論社 刊
 【編集委員】
   谷崎潤一郎
   川端康成
   伊藤 整
   高見 順
   大岡昇平
   三島由紀夫
   ドナルド・キーン

◆「漱石全集 第一巻」
  昭和49年12月9日 2版発行
 (昭和40年12月9日 初版発行)
   岩波書店 刊
 【注解】
   古川 久

◆「漱石全集 第一巻」
  1993年12月9日 初版発行
   岩波書店 刊
 【注解】
   竹盛天雄
   安藤文人

◆「吾輩は猫である」(文庫)
  昭和62年6月10日 改版56版発行
 (昭和37年9月30日 改版初版発行)
   角川書店 刊
 【解説】
   山本健吉

◇日本古典文学大系(岩波)、Wikipedia



◆「漱石全集 第十二巻」(「文鳥」収録)
  1994年12月20日 初版発行
   岩波書店
 【注解】
   清水孝純
   桶谷秀昭


     ―― 以上、敬称略 ――


『猫』について about I AM A CAT | permalink | comments(0) | - | - | - |
【前のページ】<< このサイトの主旨 | 【TOP】 |登場猫(人物)紹介 >>【次のページ】



この記事に対するコメント

コメントする










RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE